前のDIARY
 
 
05/09/24 16:57 水浴びー

石垣島で買ってきて以来、ずっと玄関の見張り番のシーサー君。
今更、彼の頭にたまった埃に気付いた。
今日は仕事全てキャンセル。
掃除しながら、忘れかけのメロ、早くまとめよう。
05/08/27 15:54 ギター斎藤トシ!

駐車場でこっそり練習中!いい感じー。
05/08/23 0:42 深夜のファミレスで原稿書き!

二日前からもう20枚近く書いた、卒業大学への寄稿。
制限字数は1600字なのに6枚になったから、
まあ少なくとも500字は減らさないとなあー。
書き出すとあれもこれも、ネタだらけ。
これからパソコンと闘わなきゃぁー。
05/08/19 23:50 修理屋さん

最近、生徒のうちの近くに見つけた『靴・カバン修理します』の看板。
一部イカレテしまっただけの、履けないのに捨てれずにいた夏のサンダル。もう四足も修理してもらった。
それに、履きやすいサンダルって、なかなか巡り合えないし。

今日の午後、一度修理してもらったのに、また接着剤が外れてしまったやつを持っていったら、修理屋の
おじさんは、「サンダル自体の分子構造が壊れてしまってるなあ〜、ほら!この小さなひびね。
一度くっついて一つになったのに、分子が互いに手を離してしまったんだよ。これ自体が、もうだめなんだな〜。
くっつかないよな〜」って、ちょっと難解な事をおっしゃった。それでもあきらめ切れない私は、「じゃあ最終
手術ってことで、ダメモトでくっ付けてください」と頼み、数時間後にまた寄った。
サンダルはいちお修理されていて、しかも別の所も、丁寧な修理がなされていた。
「お金は入らないよ」というので、「取ってくださいよ〜、そんなんなんじゃ、もう頼みにくくなるじゃないですかぁ?」
って何度も言ったら、ついにおじさんはムッとして?「いらない、ぜったああああい、いらない!」って。
椅子に半ば踏ん反り返って言い放ったおじさん。イカシテました。

Save the earth http://pr.mail.yahoo.co.jp/ondanka/
05/08/16 11:37 久々の漁船はサイコー!

05/08/16 11:34 咸臨丸の沈んだ場所へ

05/08/16 11:19 サラキ岬へ出航

05/08/12 10:39 お盆


友達はお盆帰省するらしい。
母親が白血病でなくなって4回忌だそな。今は父親が独り暮らしで。

私はもうすぐ、ツアーだ。
「そういや、千鶴香は高校三年の時におふくろさん死んだもんな〜。父親より、母親に死なれるほうが、
やっぱ、きついよな?」ん〜。どうかなあ。

思春期で、反抗期のままだったので、私は母親とほとんどまともな会話はしたことがないまま。
大学生になって、妙に母親と普通の話がしたいなと、たまに思うことがあった。
授業の空き時間に家事をしに帰ったり、当時中三の弟の三社面談に行ったり(よりによって担任は
同大学を2年前卒業したてのホヤホヤで、なにかとやりにくそうでしたね〜)。
でもまあ、誰一人、自分の行動、例えば門限などについて、とやかく言う人がいなかったので、
思う存分バンド活動をやれていた。こういう環境 になったのも、私が歌手になるためなんだ〜とか、、、
考えたりした事もあったな。

同級生と会うと、旧いページが久しぶりにたくさんめくられた。

Save the earth http://pr.mail.yahoo.co.jp/ondanka/
05/07/20 23:14 The らいらく

セカンドでは大変お世話になりました、ベーシストと、ギターのようさん。
05/07/19 20:58 修平くんのお誕生日会

一週間後にアメリカに行く オボッチャマ!
05/07/09 15:38 頂上付近は強風で

立ってられないくらいでした
下山後湯沢町の温泉に入り 帰る車の助手席より。
05/07/09 15:34 ひさびさの2000m近い山は

尾根歩きがとてもいい感じでした
05/07/09 13:20 ただいま山人中

05/07/05 15:12 コーラス『りぶさん』って3人州

夜空のムコウは、ちょうど夜にもなってて、よかったわ〜。
Save the earth http://pr.mail.yahoo.co.jp/ondanka/
05/07/05 15:10 馬頭琴との蘇州夜曲

Save the earth http://pr.mail.yahoo.co.jp/ondanka/
05/07/05 15:09 7 / 2 千鶴伽倶楽部ライブ!

そういえば、14:00〜の施設ライブもかなりいいライブだった。
なんてったって、南こ*せつGと、福*まさはるGで、音響も
野口ジャンチーム!完璧なサポート。
今まで立った事なかったおじいさんが、『与作』の時に立ち上がって
前の方に来たって、、、皆が騒いでました。『蘇州夜曲』の時、
「リコウランの歌詞とは違うのですか?」とのご指摘もあり。
ここは、比較的元気な方々が多かった。
で、そのたまプラーザの現場後移動し、また汗だくでセッテング。
本当にご苦労様です。
05/07/05 13:45 promise

当選、おめでとう〜!
Save the earth http://pr.mail.yahoo.co.jp/ondanka/
05/07/02 1:44 すきまで

いいステージだった 素敵な人たちだった でもわたしはどこにむかってなにをまもってるのかなとか
かんがえてしまった 今日は大移動後も 気合い入れていかねばなぁ
05/06/27 15:00 中尾かおる なりー!


05/06/26 14:22 実家で食べる青菜の漬物

なんてったつて一番おいしいわぁ。
22日東京ライブから明けても暮れても歌ってます。
05/06/25 10:00 誕生日ライブ

昼一時からの老人施設コンサートとともに かなり楽しめました
山口人の ピアノDAIGOちゃん、素敵な相棒だわ
05/06/19 18:49 作品つくり、、、

これから、7/2千鶴伽倶楽部スペシャルライブのRH。このライブ、なんだかすごいことになってしまった。
フルート、馬頭琴、コーラス兄ちゃん達と、普段イケダ楽器のスタジオに集まるミュージシャンの方々、
に加え、(同じ日の昼間に一緒にやってもらう)Gキンタさんのお友達でもあるというギタリスト氏の参加。
音響も照明も入るしね〜。Gの方とは、本日初顔合わせ。ちょっと緊張するわ〜。

昨夜から朝方、この一年くらい?_撮ってきた写真と、自分の写真と諸々整理しつつ、さっきまでは
歌詞カード(スペシャル音源付きの限定販売品)を、B4サイズに8曲選んで筆書きしていました。
上京して2年間やったバンドAの時代からの音源、写真、記事など、今回随分整理してもらったけど、
自分の変遷を振り返ることになり、あっという間だったなとあとか思ったりして。

23日から7/2まで、皆様お見逃しなく。
05/06/18 18:18 出演直前舞台袖にてー

05/06/14 19:07 羽幌へのオロロンライン

 
05/06/12 11:05 雨の登山

05/06/11 21:07 キャンプ場のよる

05/06/11 18:14 アポイ岳キャンプ場!

明日は山オンナです
05/06/10 2:40 物干し竿

へし折ってしまった。 一昨日、リハに出かけるのにあせっていて、干してた布団を取り込もうとしたら、、、。
今日近所の金物屋に買いに行った帰り道、道路の向こうの歩道で、ママに手をひかれてた子供が
「まま!あの人、長い棒引っ張ってるよ!」指差されてしまった。

一昨日のリハ、感動的でした。二人のコーラス、マンドリンとアコーデオンと。
細井さんと奥沢さんだしな〜。リハ後の私んちで飲んだ写真が奥沢明雄のHPに出てるかもです。
ほんと、自分の曲が生まれ変わったみたいな、とにかく、とってもよかった。
こういう時間をもてるなら、どんな苦労してもいいわ〜みたいなね。6/22はお楽しみに。

Save the earth http://pr.mail.yahoo.co.jp/ondanka/
05/06/05 21:26 札幌ジャムセッションな夜

ベース赤坂実 ギター滝川。
05/06/01 16:34 蝋燭立てを買ってしまった

決して派手ではない佐藤さんの作品は手のひらをぎゅっと握り締める
ような力がありました。旭岳以来の再会でした。

05/06/01 16:30 行ってきました 八王子ことのは


駅から徒歩八分。16号線添い。なんとギャラリー二階にはグランドピアノ!
05/06/01 12:58 葉書が舞い込んで、、、

陶芸家の個展に八王子に行くことにした。

もう3年近くになるのかな。北海道の旭岳二泊三日の縦走の時、、、、
私が預けられた?時の登山のパーティの隊長(陶芸家)。滅多に晴れない頂上なのに、あの時の
夕焼けと星空はほんとにキレイだった。『RIVER SONG』も、できたし。

この時、とても個性的な女性3人組(50代かなあ?一人陶芸家)がいて、最初紹介された時、
「まあ!歌手さんが来るって、あなたのこと?」と、少少冷たく?言われ、ビビッテしまったのだが、
登りつつ色々話していくと、2日前にライブをやった札幌:千歳鶴の(当時の)店長であるJAZZピアニスト
田村氏の仲良しだった。それからはもう、話は盛り上がる一方。
結局同じテントで、互いの下着を見上げながら寝て、、、。以来、お付き合いは続いている。

個展詳細は、BBSに。
05/05/27 3:54 近頃の周辺

国会の記者クラブで、日々夜中3時まで仕事という新聞記者。私が24歳の時、新聞にでかでかと
写真付きで出してもらったご縁。(6/23〜7/2の千鶴伽倶楽部バースデーフェアーにて展示予定。)
「過酷な仕事をずっとやってきた自分の人生って何だろう?って思う度、転職したいと思うんだけど、
結局は書く事しか残ってないんだよね〜。もらった山のような名刺なんか、仕事やめたら、ただの
ゴミだよ。」

某芸大主席卒!指揮者様に対し、クラッシックの世界はまるで無知な私は、かなりアホな質問も
しつつ、その度笑われながらも、音楽表現の話はできた。で、それから人生論みたいな話に展開。
「最後に残るのは、心で触れて、苦労して手に入れた物だけと、経済学の本に書いてある。(略)
自分以外の人の幸せを考える事が、自分の幸せにつながるってさ」と。
で、「心に残るイイ曲を書きたいなら、聖書か哲学書に立ち返ればいいかも?」みたいな話に。
そうかもなあ。

某編集者の副編集長。
「歌った事ない歌を、歌手の君がオドオドしながら一生懸命歌うことに皆ハッとするんだ。世の中
そういうもんなんだ」と、ウタダヒカルのAUTOMATIC!を、私は半ば無理やり歌わされた。
サビしかまともに歌えなかったが。この人の話は、インチキっぽいが真実かな?ってな話が多かった。
05/05/27 3:45 顎が痛いし、喉も痛い。

朝4時に寝て、9時に目覚め、郵便局に切手を買いに。
400枚って言ったから、局員がまあ!あるかしら〜って驚いてた。バースデーライブツアー葉書と
6/22チケット。(デザインがカッチョイイ!からって、まさか意地になって一言コメント書き込んだ、
今年の年賀状の700枚、とまでは無理だが)あの人にもこの人にも出したいなあ。

その後。
日本武道館、東京フォーラム、オーチャードホール、、、でっかいホールに(私のコンサートじゃ
ないよ!)ホール予約の電話。そして午後。関わってる会社へ報告書提出に。

夕方の生徒宅へ。
中間テストで、昼に帰宅後、寝ていた生徒。ドアベルでも起きず、10分ほど玄関前で待った。
授業は3時間近く延長。もう顎が開かないと思うほど、しゃべった。23時くらい、帰宅。

家庭教師をがんばりすぎた一日だった。また?生徒をぶん殴ってしまったしなぁ(笑)。
その生徒君。殴られた後も、ベットの布団の下?と思いきや、その布団カバーの中に隠れて騒ぐなど、
今、私が最強に手を焼 いている、憎らしいくかわいいヤツです、ハイ。

今日は、ミュージシャンな一日にしよう。変身〜〜〜。
05/05/10 2:21 あるライブでの出来事。

2ステージ目半ば位だったか?
酔った客が、「歌はもういいよ〜。(演奏で)カントリーとかブルーグラス聞かせろ〜」と何のためらいも
なく大声で言い出し、女性ヴォーカルが引っ込んでしまった。
その後2曲で、ライブは終わった。
一緒に行った音響のN氏は「ベースもフィドルもドラムもバンジョーも、、、全部音が怒ってたよね〜、
聞いてて切なくてさぁ」って言いながら泣いていた。
店の女性スタッフもドリンクを運びながら泣いていた。色々考えた、ライブだった。
05/05/07 2:35 五月六日金曜日のこと

午後から、某ギタリストと初のスタジオRH。童謡昭和歌謡と私の曲と、20曲くらい。
7月の都内老人ホーム慰問ライブが、二人でやる初の本番に決定。いやあー楽しみだ!
2000年の夏だったか?「『み*みこ*せつさんのギターだよ!」と静岡でのライブ本番前に紹介された。
当時、私は今よりもっと右も左もわかってない、まさに怖いもの知らずでねぇ。
がしかし、今日、何より一番驚いたのは、そのギター氏Kさんとのリハ後に遊びに行った、千鶴伽倶楽部
(イケダ楽器)のスタジオでのこと。(隣に卓球場も完備)池田さんとKさんは、かぐ*姫やイ*カ等、
二人でギターを弾きまくって歌いまくってて。23時近くまでセッション。
池田さんのギター、上手なの〜!自分の事務所の主人だから言うんじゃありませんよ。

普段、大変腰の低い謙虚な方。ちょっと弾けるくらいとか言ってたけど?
バンドネオン奏者池田みつお氏のご子息だから?
リズム感がすばらしいって、Kさんも絶賛。
で、超限定物のマーチンのギターが出てきたり、私の『雲』って曲のミミコピ
スコアがあって、本人弾いたら、ハモリまで完璧。
まあとにかく、何から何まで、驚き!でした。
恐るべし千鶴伽倶楽部・イケダ楽器。
以前から、ちょこっと話題になりつつあった、私の気まぐれ写真のご披露含め、東京ライブの翌日位
からのここでのイベントを、今日は本気に考えました。お楽しみに。
05/05/05 13:50 九州ツアーを終えて

一息ついた、と言いたいが、GWは残務処理。明日は、某ギタリストと、ちょっとしたリハ。
この2〜3年、いつか一緒に!と、会う度に言い合っていた。楽しみだ。
九州ツアーはね、、、
まず、25日朝福岡空港に着いたら、世間は尼崎のJR事故で大騒ぎになりつつありました。
その日は一日、挨拶回り。

26日のFESTA福祉大使企画慰問コンサート2箇所。 早朝からの本番でしたが、これはかなり、
楽しかったです。これについては、主催社のHP用に今レポを書いて増すから、近日HPにアップします。
で、夜22〜27時リハ。『りんご追分』JAZZ編とか、面白かった。
27日は、さすがに昼過ぎまで寝てました。夜は、妹んち、双子の姪っ子に会いに。
ちなみに私を、『千鶴香おねえさま』と呼ばせております。
28日、今回話題の宇部。

実は25日の夕方、宇部の知り合いから、『どうもお店がなくなったらしいぞ???』との連絡を受けては
いましたが、今から九州メンバーとのリハという間際に、まさに策無しっって感じ。音響も現地で頼んでるし。
とにかく、やる場所さえあれば!と。最悪、カラオケ屋でも占領するかぁなんて、あれこれ悩みつつ。
結局、災い転じての大HAPPY?チロルの館様のご協力のおかげでいいライブになりました。
これについては、機材を山のように持ってきてくださった、元サザンクロス店主!た、皆々様のおかげです。
御礼として?そのライブの前に、彼の経営する老人ホームへ慰問コンサート。
グレートな九州メンバーの皆様にも(サックス、ウッドベース、ピアノ)お付き合いいただきました。
打ち合わせ無しのぶっつけ!童謡&昭和歌謡特集。『与作』の「トントントン!」って合唱部分で、
おばあちゃんが、「ポンポンポン!」って歌ってたのには笑えました。
ウッドベースを見上げて、「まぁ〜大きいわね〜」って。で、ベースマンがひょいと片手で持ち上げたら、
「まぁ〜!軽いの〜?」と、腰を抜かしそうに驚きたまげてたのには笑えました。
ウッドベースを見上げて、「まぁ〜大きいわね〜」って。で、ベースマンがひょいと片手で持ち上げたら
「まぁ〜!軽いの〜?」と、腰を抜かしそうに驚きたまげてた。その顔がおかしくてね。
最後の曲、終わった瞬間、「今日が私の誕生日なんです、ありがとう」っておっしゃる方がいらして、
「は〜ぴば〜すで〜とぅ〜ゆ〜!」の大合唱。「たまにはこういうの、よかね〜!たのしかバイ。」と、
強制連行された3人もちょっと楽しんでくれてたみたい?(笑)急にこんなことさせるの、私くらいでしょう?

15時からの宇部のケアハウス有勲荘ライブ後。

〔施設園長の中村氏についてちょっと触れておきます。『日本は戸塚君(ヨットでおなじみ)のような人を
牢獄に入れるような馬鹿な国になってしまったわ〜』と、歯に濡れ衣着せぬ、(80代かな〜?)豪快な
お日本男児!(児?)若い頃は名軍人でいらしたのでしょう。勲章がたくさん飾ってあって。最近は、
こういうオトコって、少ない気がしますが、どうです???〕

入り時間の21時まで4時間位あり、結局居酒屋へ。私はというと、メンバーが酔っ払ってしまわないか
気が気じゃあございませんで。疲れましたわ。
「飲み過ぎないようにね〜!」とナダメツツ、何とか、入り時間に。

到着次第、機材運び入れ〜のセッテング開始。店主も手伝いに来てくれたらしきスーツ人も、とにかく
みんな、どこに何をおくべきか右往左往。タイヘンでした〜。
いつものことなだけど、この日は、イチイチしみました。申し訳なくて。
なんとか21時40分位にスタート。九州スペシャルメンバーも気合が入ってた。
5〜6曲目の頃?集中力が切れそうな感じになってきて。ちょっとでいいから時間を置きたくて。
もっと内心を明かすと、こんなに御気苦労&御苦労を巻き起こし、あたしゃ何故に歌ってるんやろ?
みたいな、珍しく、謙虚な?いやホントに、皆様に歌わせてもらってるんだわと、なんだか切なくて、
耐え切れなくなってしまったのでした。『15分、休憩します!』
後、また大事件の起こったセカンドステージへ。

新曲の『無所属のあなたへ』で、キーボードがストップ。弾くのやめたの?と最初思ったのですが、
背中越しに合図を出しても音がこない。『ナカニシの野郎!後でぶっ飛ばしてやる===』とかね〜《笑》
思わんかったくさぁ〜《笑》次の曲で一度はまた復帰したのですが、結局キーボードは出なくなり、
ウッドベースとサックスだけに。
そこに、最近『キュウリ』で弾いるピアニカが目に留まり「ピアニカなかにしゆういちろう」出現。
数日後の防府ライブでは、「楽器屋で買った一番高いピアニカ\9800円ばぃ!」で、『砂遊び』を、
2ndアルバムのRIKUO様アコーデオンのごとく演奏。
但し、キーボードと違って吹き続けねばならない事に体力の重要性を再認識したらしく
「タバコやめないかんばいね」と言ってた。

てなわけで、チロルの館ライブは、『砂遊び』も、『僕のゴールへと』も、『WONDERLIFE』も、
そしてアンコールの『ひみつへいき』も、ピアニカウッドべースサックスによる、刺激的な(ミュージシャン
にとっては、全くごまかしのきかない)スーパースペシャルライブとなりました。
またとない(そう願いたい!)忘れられないライブでございました。
ただ、一つ心残りなのは、今回もチロルの館名物「ぺペロンチーノ」をゆっくりと食べれなっかったこと。
皆様!宇部に行ったら是非とも『あの場所』チロルの館へ。

今回の九州レポ、宇部編は長くなりましたわぁ。最後に、もう一つ。
二日前に会場提供となり、19〜21時の団体予約のお客様らを半ば追い立てるがごとくになってしまった、
かつその上に、お店の椅子や棚などまでも、私らと一緒にえっさかほっさかと動かして下さった店主の
ご両親様(70代であられたかとお見受けいたしましたが)。
おそらく大変な疑問を心にお抱えになっていたことでしょう。それを一切感じさせぬようなお気遣いで、
私達に接してくださり、しかも、ライブが始まったと同時に、キッチンから客席へ来て聞いてくださっていた?
お姿に、大変励まされた私でございました。申し訳なさにつぶされぬよう、必死に歌わねばと。
店主様含め、皆様ご苦労様でした。まったく、終わりよければすべてよし、の宇部でございました。
*後は、最終日防府ライブ報告ね。
前のページ>
 
千鶴伽倶楽部 TOP